業務手順書

業務手順書は、きちんと作成することで仕事の効率化が進みます。 誰がどんな仕事をしているか把握することが出来ますし、マニュアルにもなりますね。 業務手順書は、文字だけを書くのではなく、図や表を使うことでさらに見やすくなります。
スポンサードリンク

業務手順書を外注に依頼しよう

業務手順書をきちんと作成してあると、仕事がスムーズに進みますね。 きちんとマニュアル化して整理をしなければいけないのは分かっているけれど、何をどうしたらいいものか分からなくなってしまうこともあるでしょう。

ハイテクノロジー・コミュニケーションズという会社では、業務手順書を作成するサービスを行っています。 どんな仕事をしているのか見えるようにすることで、改善したりスタッフの配置を変えることも出来、効率的ですね。

文書リライトサービスは、すでに作られている原稿を元に、分かりやすく書き直してくれるものです。 どんな仕事内容なのかをとにかく書き出して、あとのブラッシュアップをしてくれるというサービスなんです。

このサービスを受けることで、担当者は自分の業務に専念することが出来ますよね。 余計な仕事を増やす手間をなくすことができるんです。 業務手順書を作るのに、フロー図も作成してもらうことが出来ます。

ただ文字が雑然と並んでいるよりも、フロー図になっている方がさらに見やすいですよね。 次の手順は?とページをめくる時間をも削減することが出来るんです。

きちんとしたフローによって、作業の効率化が進み、無駄な残業が減って、業績アップへとつながります。 業務手順書は、企業にとってとても必要なものですから、きちんと作成してもらいましょう。



業務手順書はテンプレートを使って作成しよう

業務手順書は、社員の仕事がどのようなものか、どのくらいの時間で行っているのかを知るためにも必要なものです。 手順が的確であれば作業が効率化しますね。 きちんと行われているかどうか確認することも出来ます。

業務手順書があれば、作業をしていてわからなくなったり、肯定が抜けてしまうという心配もなくなります。 単にマニュアルが文字のみでダラダラと書かれているだけではなく、図があったり表があったりして、きちんとした資料になります。

また、業務手順書を作成することで、1人の社員に負担がかかっていないか、手の開いている社員がいないかを確かめることも出来ます。 作業の分担化を図ることも出来るんですね。

それでは、どのように作っていったらいいでしょうか。 マイクロソフトオフィスのソフト、Visioがあれば、テンプレートをダウンロードすることが出来ます。

1から作るよりも、テンプレートを使った方が、そこでも仕事の効率を良くする事が出来ますね。 Visioでどんな業務手順書が作成できるのか、見本を見ることもできます。

経理・財務部門、営業・マーケティング部門、人事・総務部門等部署ごとに使えるようテンプレートも分かれていますから、非常に使いやすいです。

部署によって仕事内容は全然違いますから、テンプレートも違って当たり前ですね。 すばらしい業務手順書を作成しましょう。


関連商品・グッズをお探しなら


Copyright (C) 仕事の便利帳 All Rights Reserved